模型とグラフ

不動産投資信託で資金運用をしよう|熾烈を極めるビジネスで勝つ

手間のかからない賃貸経営

握手

家賃を確実に回収

銀行の利息がほとんどゼロに近い現在、アパートやマンションの経営が資産運用の選択肢として注目を集めています。賃貸経営は高利回りが期待できる反面、管理の手間がかかるという問題があります。特に空室が生じると収入がなくなりますし、入居者が家賃を滞納したり、退去を拒否するなどのトラブルが発生することもあります。こうした問題点を解決できるシステムが家賃保証です。不動産業者は一括借上げという形で、オーナーと家賃保証の契約を結びます。この保証期間は、賃貸住宅を業者に貸していることになり、契約した家賃が確実に回収できます。実際の賃貸住宅に空室ができても、また家賃が滞納されても、オーナーの得られる収入は変わりません。

入居者との交渉を代行

賃貸経営は高い表面利回りを得られること、現物資産が手元に残り価値がゼロにはならないこと、相続税対策としても有効なことなど、さまざまなメリットがあります。このメリットをさらに活かすために、家賃保証制度を活用するのが有効です。経営経験のない方は、入居者との交渉に手間取るケースが多く、精神的にも肉体的にも負担が大きくなります。こうした交渉事を代行してくれるのも、家賃保証のメリットと言えます。大手ハウスメーカーでは、家賃保証プランのついた賃貸住宅の建設を行なっています。バリアフリーの充実したアパートや、子育てしやすい環境の整ったマンションなど、時代のニーズに合わせた賃貸住宅を建設できるのも強みと言えます。