模型とグラフ

不動産投資信託で資金運用をしよう|熾烈を極めるビジネスで勝つ

マンション経営成功の鍵

困る男性

ビジネスパートナーを選ぶ

株やFXなどさまざまな種類の投資がある中で、不労所得を得るのに最も適しているのは不動産投資と言われます。特にマンション経営は若い世代から高齢者まで根強い人気があります。サラリーマンや主婦でも副業感覚で手軽に投資できる点が人気の秘密と言えそうです。マンションを経営していくためには、特に本業を持っている人は管理業務を不動産会社などに代行してもらうのが普通です。サブリース契約なら入居者の家賃滞納が発生した場合でも、毎月同じ家賃収入が保証されます。契約期間内なら仮に空室が出た場合でも収入に変わりありません。その分だけ手数料は差し引かれるため実質利回りは下がりますが、滞納・空室リスクを回避できるのは大きなメリットと言えます。管理代行業者を利用することによって、さまざまな管理業務からも解放されます。物件の募集から始まり、入居希望者の審査から契約事務・家賃徴収など、マンション経営には多くの管理業務が付きものです。定期的な清掃や設備等のメンテナンス、入居者からのクレーム対応も欠かせません。そうした管理業務を安心して任せられるようなビジネスパートナー選びが、マンション投資で重要になってくるのです。

物件の徹底管理で下落対策

マンション経営で避けられないのは、家賃相場の下落リスクです。たとえ新築マンションでも建物の経年劣化や周辺環境の変化に伴って家賃相場は大きく変動します。購入当初は高利回り物件だったのが、数年後には家賃の下落で利回りが大幅に低くなってしまうこともあるのです。こうした家賃相場の変動に対しても、工夫次第では十分に対抗してくことができます。家賃というものは種々の要素が複雑に絡み合いながら決まってくるものです。交通の便が良くない場所でも近くに大学や大きな工場がある場合などは高い家賃相場が設定されます。逆にそれらの教育機関や企業が撤退してしまうと、家賃は大幅に下落してしまいます。そうした情報を事前によく確認してから購入することで、相場変動リスクを減らすことは可能です。一般に管理の行き届いた物件ほど家賃が下落しにくいものです。きめ細かな清掃や入居者クレームへの迅速な対応を通して、良い管理代行業者は物件の価値を維持しています。近くに新築マンションができた場合は家賃相場下落もある程度避けられませんが、大規模リフォームの実施で対抗できます。最良の管理代行業者はそうした場合にも相談相手になってくれるものです。